HOME >> ドクターご挨拶 >> 脂肪吸引で失敗しないために

脂肪吸引で失敗しないために

脂肪吸引は細い管から見事に脂肪だけ吸い出せるイメージだと思いますが、そのように単純には手術はできません。

方法によっては辛く、手術後のダウンタイムも長くなります。また、競い合うように脂肪の取れる量を売りにしているクリニックで手術すると、場合によっては逆に取れすぎてボコボコした状態にもなりかねません。

 

脂肪吸引は方法や準備をしっかりしておけば理想の体型を作り出せるすばらしい方法です。以下のポイントに念頭において検討されるのがいいでしょう。

1.ダウンタイム、リスクの少ないボディジェット法

従来の脂肪吸引は現在も行われているし、結果もいい手術です。しかし、手術における除痛(痛みを除く)の方法は全身麻酔や硬膜外麻酔(こうまくがいますい)といった麻酔を必要とします。局所麻酔下では広範囲な脂肪を吸引することは不可能です。  また、内出血や術後の痛みによるダウンタイムは比較的長く患者さんには我慢してもらうことが多くあるのが欠点です。

ボディジェットは、局所麻酔下で行え、しかも術中の痛みはほとんどありません。リスクも少なく組織に優しい方法であるためダウンタイムも従来の方法とは比較になりません。忙しい現代社会にふさわしい方法のひとつではないでしょうか?

2.経験数のある医師に依頼する

他院にてボディジェットを受けたが、痛みは強かったし、ほとんど変化もなかったという話を伺うことがあります。これははっきり言って「やり方」が間違っているとしかいいようがありません。ボディジェットによる脂肪吸引はほとんど痛みが生じることなく局所麻酔でしかも意識下で手術を行え、脂肪も十分吸引できます。とても良い方法なのですが、うまく扱えない医師が、これは良くない方法と判断されるのは大変残念ですし患者さんが気の毒です。

経験のあるかないかを判断するには、ひとつはボディジェットの手術時間と麻酔方法をよく伺うことです。ボディジェットは比較的短時間で吸引できるという話でありましたが、十分な吸引量となめらかな仕上げを期待するには十分に時間をかけて丁寧に手術することが必要です。また、何度も言いますが手術は局所麻酔で行えます。全身麻酔、硬膜外麻酔は必要ありません。

3.術前の計画、術後のフォローがしっかりしている

ボディジェットであっても1回に吸引できる範囲は限られていると考えています。また医師の集中力の及ぶ時間や局所麻酔といえども体に対するリスクを考慮にいれると、1回に行える手術時間は3~4時間が適当なのではないかと考えています。患者さんの脂肪の沈着や皮膚の具合によっては、手術を控えた方が良い場合もありますので。術前の手術計画が極めて重要でしょう。

術後の経過は従来の脂肪吸引法に比べきわめて軽度なダウンタイムではありますが、吸引部位や個人差により術後の症状が強く出る方がいるのも事実です。その際、インディバC.E.T.による術前、術後によるケアやエンダモロジーといったケアが可能であると術後の経過を早く良好な方向に向かわせることができます。術後の回復プログラムや指導がこまめに行われるクリニックが良いのではないかと思います。

ダウンタイムとは?

手術や治療を受けたあと、普段の生活や仕事に戻れるまでの時間のことを言います。
美容外科の治療では、腫れや・むくみ・内出血など、日常生活への制限や人前に出られない時間のことをいいます。また、ダウンタイムには治療内容によって個人差があります。

スタッフブログ
facebook

相談予約受付時間 10:00~22:00 TEL:0120-4107-89 メール相談・メール予約

初めての患者様へ 特典のご紹介

会員専用 毎月月次に更新します

お友達紹介 お友達と一緒にキレイに…

お客様アンケート

ポイントシステム

セントローズクリニック動画一覧

モニター募集 無料でキレイになる秘密

セントローズクリニックの新テレビCM本日から放送開始!

目元は美しく若返る。 二重専門サイト

水の力を利用する脂肪吸引 ボディジェット

3種のレーザー機器導入 医療レーザー脱毛専門サイト

高周波で身体の深部からあたため体質改善「インディバ療法」

セントローズ独自のメンテナンス治療

美容辞典

資料請求 美しく若返るための近道

宮城県以外の各地域からもご来院いただいております


Copyright© ST.ROSE CLINIC. All Rights Reserved