お問い合わせ・ご予約

二重・目元


目元は、お顔の印象を大きく左右します
治療内容

  • 二重まぶた 埋没法メスを使わない
    メスを使わずに、理想のナチュラルな二重がすぐに手に入ります。
  • 二重まぶた 全切開法オペ治療
    埋没法では難しいラインは、よりデザインの自由度の高い切開法がお勧めです。
    脂肪除去を組み合わせることで、腫れぼったさを解消することもできます。
  • 上まぶたのたるみとりオペ治療
    年齢とともに下がってくる上まぶたをリフトアップすることで、瞳を大きく、魅力的に見せることができます。
  • 下まぶたのたるみとりオペ治療
    「疲れている」「寝不足」などの印象を与えてしまう目の下のくまやたるみを解消することでハリのある若々しい目元に変わります。
  • 黒目を大きく見せる 眼瞼下垂(挙筋前転法)オペ治療
    「まぶたが重い」「目を開けると目の上が窪む」などの眼瞼下垂は『挙筋前転法』という、筋肉を切除せずに、負担を最小限にする治療で改善します。また、下垂した部分を治療することで黒目を大きく見せます。
  • 目頭切開オペ治療
    「蒙古ヒダ」とよばれるヒダを処理することにより、切れ長の目や平行な二重が手に入ります。
    また目尻を数ミリ切開することで切れ長の二重を手にすることもできます。
  • たれ目形成オペ治療
    下まぶたの外側を少し引き上げることで、外側の白目の範囲が広がり、黒目が強調されグラマラスな印象を与えます。
  • 涙袋形成術オペ治療
    涙袋のふっくらした魅力的な目元は、ヒアルロン酸注入で簡単に手に入ります。
セントローズクリニックの二重・目元治療

「目元は口ほどにものを言う」といわれますが、目元を少し変化させるだけでも、大変好印象になるものです。それは女性なら、メイクを工夫するだけでいつもと雰囲気を変えられるということで実証済みだと思います。ただし、メイクでかなえられる変化には限界があります。よりナチュラルに見せるためには、私たちのもつ目元の解剖学的特徴を変化させなくては出来ないことが数多くあります。

ここで、注意しておきたいことは、手術名が同じであれば、どのクリニックであっても結果の満足度が同じであり、治療費が安価な場合がお得、逆に高価な場合はより満足度が高くなる、とは決して言い切れないということです。

個人差の大きい目元でありますから、よりよい結果を得るためには、それぞれのケースに対して適切な手術方法を選択した上でデザインし、正しく手術が行われることが必要です。ケースによっては単純な方法で十分であったり、緻密な手術が必要となることもあります。

目元は術者の経験とそのフィードバックが求められる分野であるので、予めどのような手術が行われるか、手術後のフォローアップ体制がどうなっているのかなどの説明を受け、慎重に見極めてから医師(クリニック)を選択するようにしましょう。