目の下のクマ治療
Vista Shapeとは…信頼のアラガン社製品「ボトックスビスタ」と「ヒアルロン酸(ジュビダ―ムビスタ)」を併用し、お顔の悩みを改善する画期的な若返り治療です。

加齢の変化はまず目元に現れます。
10年前でのあなたとどこが変わったのでしょうか?
皮膚のハリの低下や小じわが増えたなどありますが、
「クマのように影ができてきた」などの現象が10年前とのおおきな変化なのです。
上記のような場合、目袋の膨らみを平らにし、余っている皮膚を外側に引きながら切除することで
以前の目元に戻すことが可能となります

目の断面

目の下には「眼窩脂肪」という脂肪があります。
眼球の下で眼球のクッションとしての役割を果たします。この眼窩脂肪が手前に飛び出してくることで、老けて見える原因となります。
引き金となるのが、加齢などにより目の周りにある眼輪筋や眼窩隔膜などの支えが弱くなってしまうことや頬の骨の角度などが考えられています。目の下のふくらみができ、さらにその下には溝・へこみができることが多いです。これにより陰影がクマとなります。

経結膜脱脂法動画

動画をyoutubeで見る

老化を感じささるのは、目元・口元が第1位と言われています。
特に目元は隠すことが出来ない部分ですから、一番気を使いたい部分です。会社で同僚に、「最近疲れて見えるけど…」「近頃老けたんじゃない?」などと言われることはありませんか?
目元のたるみやクマが原因で、顔がぼけて見えたりしていませんか?
たるみやクマは根本治療で改善することができます。
マッサージして血行を良くすることで…と考えられる方も多いのですがかえって皮膚のたるみが出て老けた印象になってしまします。

ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時

多くの方々が悩まれる影クマ。
影クマは、はっきりと「老けている」印象を与える為、
特に気になるクマの一つです。
このクマは根本治療が最も即効性のある改善方法です。

経結膜脱脂法とは、分かりやすく言うと「下まぶたのふくらみとり治療」です。
他の治療と異なり皮膚を切らずに脂肪のみをとるので、傷跡が残らず、腫れも少なく済むのが特徴です。
6割の方が内出血もないため、ヒアルロン酸注射をするのと同等程度の心構えで行う方が多く、またヒアルロン酸注射では実現できない根本的な改善がみられます。
手術は怖い…と思われる方でも、10年前のお顔に戻れる事を考えれば、確実に効果が期待できる経結膜脱脂法をお勧めします。

» 経結膜脱脂法動画はこちら

ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時

長年の変化に重力や眼球の重みが加わり、下まぶたの眼窩脂肪が前下方に押し出されることで下まぶたの目袋が目立っています。また、眼輪筋の緊張も低下していますので目のハリも失われてきます。この問題を解決する治療方法です。
この手術は美容外科医としての腕の見せ所で、総合的なテクニックが必要なものです。
正しく行われれば比較的小範囲での変化にもかかわらず、大変若々しい雰囲気を取り戻すことが可能です。

下まぶたのハリを戻すのには、単純に下まぶたの皮膚を取り去り、縫合すれば良いわけではありません。この方法では、明らかな改善が見込めないばかりか、皮膚を取りすぎると下まぶたが反転し、いわゆる「あかんべー」のように結膜が見えてしまうことがあります。
また、下まぶたのふくらみである目袋も、ただ脂肪を取り去れば良いわけではありません。単純に脂肪を取り去ったケースで、目袋は無くなったが、平らになりすぎてクマのようになってしまったと相談される方をお見受けします。
目のハリを戻し、目袋を改善し、自然な曲面のある形態を手に入れるために当院では以下の方法を行っています。

ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時

経結膜脱脂法とは、分かりやすく言うと「下まぶたのたるみとり治療」です。
他の治療と異なり皮膚を切らずに脂肪のみをとるので、傷跡が残らず、腫れも少なく済むのが特徴です。
6割の方が内出血もないため、ヒアルロン酸注射をするのと同等程度の心構えで行う方が多く、またヒアルロン酸注射では実現できない根本的な改善がみられます。
手術は怖い…と思われる方でも、10年前のお顔に戻れる事を考えれば、確実に効果が期待できる経結膜脱脂法をお勧めします。

手術当日について
多少の腫れが生じますのでメガネやサングラス、帽子などをご持参いただく事をお勧めいたします。
手術部分について
1週間はまぶたを強くこすったりしないでください。また、手術後に腫れがある場合は、まぶたを濡らさないように冷やしてください。
洗顔・入浴
手術当日の洗顔はできません。まぶたの洗顔・メイクは、1週間後の抜糸後から可能となります。
手術当日は、首から下のシャワーは可能です。入浴は翌日から可能となります。
コンタクトレンズの使用
コンタクトレンズは、一週間後から装着が可能です。
乗り物・運動
手術当日は、車・バイク等の運転はご遠慮ください。
激しい運動をなさいますと手術部分に腫れが出る場合がございますので、1週間はお控えください。
ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時

ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時

皮膚にはシミの原因となるメラニンが存在します。しかし、目の下の薄い皮膚にはメラニンは通常少量しか含まれません。その反面、目の下の皮膚は非常に薄い為、小じわになりやすい性質を持っています。
メラニンを少量しか含んでいない皮膚でも小じわなどにより集積すると皮膚の色は深く見えるようになり目の下が黒ずんで見えるのです。
このクマの正体がこれなのです。よって治療には色素を薄める治療が必要です。

通常の皮膚は表皮の下に直接、眼輪筋が裏打ちしている構造になっています。
そのため皮膚の薄い人で血行が悪い人は眼輪筋が透けて見えやすくなっています。眼輪筋などの筋肉は血液が豊富で血行が滞ってしまうと静脈血(手などの血管の色)をしているため、透けて見えてしまうと、その部分が青っぽく見えてしまうのです。
そのため治療としては血行を良くするか皮膚を厚くするすろようにコラーゲンを増殖させる治療が必要となります。

ご相談・ご予約はこちら 0222274107 診療時間10時~20時 電話受付10時~22時
このページのトップへ